「マイナス2歳からの子育て」が必要な時代【妊娠する前に絶対に読む本】(#105)

(「発達障害は改善できる!! 5000家族を相談指導して分かった365の知恵」より)

 妊娠したのが発覚するのは妊娠後2~3カ月です。胎児の成長はとても早く、その時期には身体を構成する臓器の殆どのベースは出来上がっているそうです。ですから、その時点から対処したのでは、実は不十分なのです。胎児の身体は母親の血液によってつくられます。血液の質を改善することが必要なのです。理想は、妊娠1年前から、母体の改善をすることです。それによって、より良いスタートを切ることができます。具体的には、母体の血液のレベルを高めることです。早速、食事の内容を見直しましょう。睡眠の質を高めましょう。健康な母体が健康な胎児を育むための基本的な条件になるのです。

鈴木昭平先生の著書一覧はコチラからどうぞ


鈴木昭平先生による「親子面談」のご案内はコチラ:
https://gado.or.jp/oyakomendan/

鈴木昭平先生による「講演会」のご案内はコチラ:
https://gado.or.jp/lecturemeeting/