人間は考える動物(#116)

(「発達障害は改善できる!! 5000家族を相談指導して分かった365の知恵」より)

 人間は残念ながら、神様ではありません。動物、哺乳類の仲間です。しかも、平均体重は60㎏前後、体細胞は60兆個です。体重でいうと大きい方ではありません。陸上で一番大きいのはアフリカ象です。体重は5~10tです。海中では白長須鯨です。体重は100~150tです。人間の千数百倍です。人間は小さない存在ですが、地球上の食物連鎖の頂点に立っています。食物連鎖とは食べたり食べられたりする関係です。つまり、世界で一番獰猛なのが人間なのです。では、どうして人間が世界の頂点に立つことができたのか。実は人間には、ある特徴があります。それは、「考える」動物だからなのです。

鈴木昭平先生の著書一覧はコチラからどうぞ


鈴木昭平先生による「親子面談」のご案内はコチラ:
https://gado.or.jp/oyakomendan/

鈴木昭平先生による「講演会」のご案内はコチラ:
https://gado.or.jp/lecturemeeting/