発達障害児は右脳優先(#109)

(「発達障害は改善できる!! 5000家族を相談指導して分かった365の知恵」より)

 人間の脳は、解剖学的に、左右に分かれています。1981年ロジャー・スペリーが右脳左脳の研究でノーベル賞を受賞してから35年経ちました。世界中に右脳、左脳という言葉が広まりました。言語脳と言われる「理性の左脳」に対し、右脳は感覚脳です。五感から入ってくる全ての情報に反応します。発達障害児は、理性の左脳の働きが不足している分、「感性の右脳」を多用して生きています。その分、快・不快で本能的に反応します。

鈴木昭平先生の著書一覧はコチラからどうぞ


鈴木昭平先生による「親子面談」のご案内はコチラ:
https://gado.or.jp/oyakomendan/

鈴木昭平先生による「講演会」のご案内はコチラ:
https://gado.or.jp/lecturemeeting/