脳の炎症反応(#115)

(「発達障害は改善できる!! 5000家族を相談指導して分かった365の知恵」より)

 子供の問題行動には、必ず原因があります。その一つが、脳内における炎症反応です。炎症の「炎」という字は火が二つ重なっています。つまり、脳内がアッチッチの火事状態なのです。とても、ゆったりと落ち着いてなどいられません。多動状態です。精神が不安定になれば、言葉を使う意識も持てません。脳内の炎症を抑えるには、EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富な魚油(フィッシュオイル)を大量に摂取することです。米国の研究者による報告です。ADHDの子供にEPAとDHAとが豊富な魚油を、1日15グラム8週間投与したところ、脳内の炎症が殆ど収まりました。同時に、殆どの問題行動も消えたそうです。

鈴木昭平先生の著書一覧はコチラからどうぞ


鈴木昭平先生による「親子面談」のご案内はコチラ:
https://gado.or.jp/oyakomendan/

鈴木昭平先生による「講演会」のご案内はコチラ:
https://gado.or.jp/lecturemeeting/