029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00
029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00

edit8歳,発達の遅れ 改善体験談

「遅れが目立つ」と言われた子ども
「にこやかに指導」を心に誓った翌日からすんなり…!

8歳,発達の遅れ

青木のぞみさん(仮名)

子どもは現在8歳で、小学校2年生です。
言葉が遅く、体が硬かったり、運動機能面も大変ゆっくりでした。
手の力が入らない、鉄棒を持てないなど基本的なところが出来ず、親がオロオロしていました。
子どもには本をたくさん読んでやっていたので、本は本当に大好きでした。
ただ、読み書きはせず、絵を見ているという、常に自分のイマジネーションの世界で生活している感じでした。
小学校に入って2年になった頃、「学習の遅れが目立つ」と担任の先生から言われました。
学校は私立で宿題も大変多いので、学校から帰ってくると家の中で「戦争」です。
1つのことをやるのに大変時間がかかるんです。
普通のお子さんが30分以内くらいで出来る宿題を、2時間、3時間もかけてやるので、親も疲れ果てる。
そんな頃に、「子どもの脳にいいこと」の本を手に入れて読んで、「目からウロコ」でした。
本を読んで、私が実践出来ることをやってみようと思い、それで、子どもがすごく変わったんです。
学校の先生から「どうしたの?夏休み過ぎからちょっとすごいよ」と。
周りのお友達も「この頃すごいよ」と言ってくれていると聞いた時は心から本当に嬉しかったです。
前回のセミナーで、自分が達成したい目標を書く際に私は、「子どもと接する時にイライラしない」「何べん同じことでも、にこやかに指導していく」と書きました。
1回目のセミナー後にそれを心から誓って、「絶対に自分がイライラせず、子どもの学習に付き合っていこう」と。実を言うと、翌日からすんなり出来るようになったんです。
自分でビックリしてしまって。
「出来るじゃん、私だって!」と。
学校の勉強も、だいぶ、皆さんについていける状態になりました。
次の新たな目標に向かって進めたらいいな、と思っております。

メールマガジン『知的障がい児は天才性を秘めている!』47号から抜粋

井上祐光魂のメールマガジン。「発達障がい児は天才性を秘めている」発達障がい改善の最新の研究や講演会,体験談などの情報満載!

  • 親子面談詳しくはこちら
  • 鈴木昭平の講演会スケジュールはこちら
  • 改善体験談|奇声、多動、パニックがおさまり普通学級に進学できるまでに!
  • 無料会員登録|知的発達障がい改善の最新情報が会報誌、メールマガジンで届く!