029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00
029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00

edit5歳,発達の遅れ 改善体験談

5分もじっとしていられなかったのが、30分座っていられるようになった!

5歳,発達の遅れ

橋本比呂くん(5歳・茨城県)

エジソン・アインシュタインメソッドで知的障がいを克服した!
5分もじっとしていられなかったのが、30分座っていられるようになった!
買い物にも安心して連れて行けるように!
言葉も出てきた!

橋本康子さん(茨城県在住・35歳)(2009年4月収録)

A.上の子が通っている学校のお母さんが、「鈴木昭平先生という方が障がい児改善の指導をされているみたいよ」と教えてくれたんですよ。それで電話をして、鈴木先生とお話しをして、それで通うようになりました。

Q.いつからですか?

A.去年(2008年)の12月からです。途中で子どもがインフルエンザになったりして、結構休んだりもしましたけど。

Q.週何回ですか?

A.週一回です。

Q.もう、半年ぐらいですか。通われてお子さんの変化とかありますか。

A.椅子に座ってられるようになりました。ここに来たときは5分も座っていられなかったんです。それが最近の幼稚園の保育参観なんかでは30分は座っていました。もちろん自閉だから手を動かしたりとか、イーとか言っていたんですけれど、一応椅子に座っていたんです。ここの授業中も音楽が鳴ると座ったりするので、「音楽が鳴ればやるものなのかな」「本人も分かってくれているのかな」と私は思っています。

Q.5分も座っていられなかったのが、30分座っていられるようになったことは、かなり大きなことなのでは…。

A.本当にそう思います、私も。少しは人間として成長してくれたかな、と。以前は買い物にもなかなか行きにくかったんです。買い物のカートに乗せないと、どこへ行くか分からないので…。今では、カートに乗せなくても手を繋いでいればなんとか大丈夫です。

Q.カートに乗せないとどこへ行くか分からなかったのが、今は手を繋いで一緒に買い物に行けるようになったんですね。

A.心配性なので…。

Q.それは心配ですよね。今、おっしゃったようにカートに乗せないと買い物も出来なかったのが、手を繋いで・・・

A.買い物をしていてんもちゃんと一緒にいてくれることが私としては、本当にありがたいんです。普通そんなのは当たり前なんでしょうけれども、やはり障がいがありますから…。

Q.後はどんな変化がありましたか?

A.必要に迫られれば、言葉が出てくるようになりました、単語が…。
この間、パソコンを私がやっていたら、娘が来て、「何かやりたいの?」と言ったら、普通は何も言わないで操作するんですけれど、「これがやりたい」ってソフトの名前を言ったんですよ。「すごい!」と思って…。その一回だけだったんですけれど、鈴木先生にその事を言ったら、「やはり一回でも言葉が出るということは、必ず出るようになりますよ」と言われました。

Q.一回でも言葉が出るということは、分かってはいるんですよね。

A.鈴木先生にも言われましたよ、「全部分かっている」と。

Q.「分かってはいるけれども言葉が出ない」、つまり「自分のことを表現できない」ということでしょうか。

A.「言葉の前に全て行動で終わってしまう。必要なことは全て自分で出来てしまうから、自分で着替えとかも出来るし、トイレとかも出来るから、だから余計言葉が出ない」と鈴木先生からは言われたんですけれども…。

Q.それで字は読めるんですか。

A.言葉が出ないので分からないんです。ただ、市の言葉の教室に行って、「自分の名前のプレートを貼って」と言われると、一応自分の名前のプレートを貼るから、「うちの子分かっているのかな」と思います。

Q.分かっていないと貼れませんよね。先ほど鈴木先生のお子さんへの指導を拝見させて頂きましたが、お子さんはやっていることは理解していましたよね。何枚かのカードを一度に見せて、どれが正解か、というのを尋ねると、全部正解していましたよね。

A.私も鈴木先生の指導を受けるようになって、初めて「うちの子は分かるんだ」というのが分かったんですよ。「ひどい母親だ」と思われてしまうかもしれませんけれど、、やはり家でそういったことをやったことがないので…。鈴木先生のおっしゃるとおり、「言葉が出ないから全て行動で終わってしまうんだな」と思います。

Q.でも先ほどのお話を聞くと、字も読めていますよね。

A.どうなんでしょう。でも名前のプレートを置くということは分かっているんじゃないかと思います。

Q.絵を見ても、ちゃんと正解を当てますものね。言葉は理解していますね。

A.だけどやはり言葉が出ないですから…。
それが理解出来ているかどうかは周りの人には分からないんです。
幼稚園の先生にも鈴木先生の教室で出来たことをお話しすると「えーっ」と言われます。
それと、鈴木先生の指導を受け始めて、時計が見れるようになったんですよ。

Q.前は見なかったんですか。

A.いえいえ、子どもは普通、時計なんて5、6歳では見ないと思うんですよ。だけど、幼稚園の先生に「○○ちゃん時計を見ますよね」って言われたんです。
「えーっ」って私も驚いてしまって。私は全然気にもしてなかったですから。でもうちの子どもはチラッと時計を見て行動するらしいんです。ただ自閉はこだわりがあるから、いつもと5分でも違うとやらないらしいです。だから「それはこっちでも困ってしまうんですよね」と幼稚園の先生には言われました。

Q.「時間の感覚はしっかりある」ということですね。良かったですね、少しずつでも良い方向に向かっているのは…。どうもありがとうございました。

  • 親子面談詳しくはこちら
  • 鈴木昭平の講演会スケジュールはこちら
  • 改善体験談|奇声、多動、パニックがおさまり普通学級に進学できるまでに!
  • 無料会員登録|知的発達障がい改善の最新情報が会報誌、メールマガジンで届く!