029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00
029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00

edit改善を振り返るための成長日記 改善体験談

子どもの成長記録をつけてみませんか?

3年日記

川村太一くん(7歳、実名)

過去に会報誌の改善インタビューなどでご紹介してきた川村太一くん。お父様より、最近の太一くんの100点満点の答案用紙と、3年にわたって記録されてきた太一くんの成長手帳を送っていただきました。この日記をつけ始めたきっかけは、鈴木先生から、「発達検査表が全てではなく、出来なかったことが出来るようになる、ということを親が気づくことが大事」と教えられたからだそうです。

太一くんのお父さんによると、「3年日記をつけるにあたり、もし、成長が見られなかったら焦りや不安を増加するだけではないか? その結果、エジソン協会への不信感につながるのではないか?」などの悩みもあったそうですが、太一くんの成長を信じ、「わずかな変化も見逃すものか」という決意のもと、記録をつけることにしたそうです。「エジママやエジパパの中にはブログをつけている方もおりますが、私はパソコンが得意でなく、また、決して否定するつもりはありませんが、ブログでは人に見られることを意識してしまい、純粋な成長記録にならないのではないか?と思い、今の時代にそぐわないと思いつつ、手書きという手段にしました」とのこと。

「3年日記をつけると1年ごとの成長が明らかに目に見えるのでとにかく楽しいです」とお父様。文字として記録に残すと、後で振り返った時にお子さんがいかに成長してきたかがより、実感できることと思います。皆さんも、今日から成長記録をつけてみませんか?

▲太一くんのお父さんが書きためた成長日記。
日々の気づきがぎっしりとメモされています

会報誌『エジソン・アインシュタインスクール通信』26号から抜粋

発達障がいは改善できる。エジソンアインシュタインスクール通信は会員の皆様に無料でお届けいたします。会員登録はこちら

  • 親子面談詳しくはこちら
  • 鈴木昭平の講演会スケジュールはこちら
  • 改善体験談|奇声、多動、パニックがおさまり普通学級に進学できるまでに!
  • 無料会員登録|知的発達障がい改善の最新情報が会報誌、メールマガジンで届く!