029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00
029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00

edit4歳,自閉症,知的障がい 改善体験談

トイレで用を足し始めました!
外出するたびに癇癪を起こしていたのに、
今では一ヶ月に一度あるかないか、です!
言葉も増えてきました!

4歳,自閉症,知的障がい

桐島幸子さん(仮名・40歳)

私には四歳の息子がいます。自閉症で知的障害があると診断を受けています。
「年のわりに言葉があまり出ない」などの症状があります。
今年(2010年)の3月頃に、主人の母から「子どもの脳にいいこと」を紹介されました。
本を読んで、「なるほど。そういう風に考えると合点がいく」と思える箇所がたくさんありました。
それで主人に話したところ、主人もまじめに本を読んでくれて、「一度親子面談に行ってみよう」ということになりました。
でも東京の面談会場まで行くのに息子が耐えられるのか、不安はありました。
それと「もしかしたら、まゆつばで、うそではないのか」といった不安も正直ありました。
でも思い切って面談を申し込み、4月末に受けました。
面談中は、息子が普段は落ち着きがないのに、集中力を発揮していて、驚きました。
「こういう方法で育てるのもありなんじゃないか」と思えて、EESトレーニングセミナーに参加することを決意しました。
でもセミナーに息子を連れて行けないので、誰かに預かってもらわないとならないのが、ちょっと大変でした。
というのは、知り合いに頼むとすると、本やセミナーのことをある程度説明しなければならないので、それが大変に思えたんです。
でも主人の母が預かってくれたので、助かりました。
そしてセミナーに初めて参加したのは、6月6日です。
セミナーに参加して「ああ、そうか!親の気持ち次第で子どもが変わるんだ!」と思えました。
改善指導を始めてみて、一番一生懸命やっているのは、お風呂での「声かけ」です。
意外と、お風呂からあがってからも声かけに対して子どもが「うんうん」と言ったり、うなづいたりして反応するので、やっています。
続けてやり続けてみたら、効果がありました!
たとえば、「トイレで用を足す」ということの意味を理解し始めているように思えます。
できるだけ私もトイレには誘っているんですが、その声かけを始める前は、トイレで遊んでばかりいたんです。
声かけを始めてから、ごくたまにですが、実際にトイレで用を足すことをし始めたんです。
それと私自身のことになりますが、以前と比べてあまり怒らなくなったんです。
私の気持ちの変化を息子が感じとったせいなのか、わかりませんが、息子の癇癪を起こす回数が減りました。
以前はよく癇癪を起こして、ひっくり返ったり、地団太踏んだりしていたんです。
外出したら必ず一回はそんなことがあったんですが、今は、一ヶ月に一度あるかないか、といった感じです。
また身体面でも変化がありました。
まずお腹が始終ゆるかったんです。
それが、ちょっとやそっとではゆるくならなくなりました。
アトピーまではひどくないんですけど、特に冬場は湿疹がしょっちゅう出ていました。
今までは秋口になって涼しくなると、足の膝裏にばーっと湿疹が出ていたんです。
ところが今年はまだ出ていません。
それと改善指導を始める前は、鼻水をたらしたり、風邪をひくことがひんぱんにあったんですが、この夏はぜんぜん病院に行っていません。
暑くてけっこう、ばてたはずなんですが・・・。
抵抗力がついてきたんだと思います。
それが肌にもいい影響を与えているようです。
言葉はまだあまり出ていませんが、改善指導を始めてから、「人に自分の気持ちを伝えよう」とする意欲が出てきたのを感じます。
この子の場合は、まわりがやっていることや言っていることは全部わかっているんです。
だから自分の言っていることが相手に伝わっていないことも、ちゃんと理解できています。
ところが、言ったことが伝わるときがあるんです。
その時は、息子自身が「僕の言っていることをなんで、(またはほんとに)わかっているの?」という顔をするようになりました。
また発語も増えてきました。
前は私のことを「かか」と呼んでいましたが、今は「おかあさん」と言えるようになりました。
言われたことをわかるだけではなくて、それを守ろう(実行しよう)とする意志が出てきました。
「今日はどこどこに行くからね」と息子に言うと、それに向けて息子も準備をし始めてくれるようになったので、大変楽になりました。
自分がしたいと思うこと、たとえば「外に行きたい」「トイレに行きたい」というときに、それをなんとか伝えようとするようになりました。
以前は、外に行きたいときには、その意思表示として靴下を持ってきました。
でも今は、家の中の照明器具やテレビのスイッチを切るようになりました。
私が外出する前にすることをするんです。
それで気持ちを伝えようとしているんです。
実は息子の上に二人女の子がいます。
次女が、広汎性発達障害で今6歳なんです。
その子にも改善指導を始めたのですが、効果をはっきりと感じています。
そういう意味ではとても助かっています。

メールマガジン『知的障がい児は天才性を秘めている!』24号から抜粋

井上祐光魂のメールマガジン。「発達障がい児は天才性を秘めている」発達障がい改善の最新の研究や講演会,体験談などの情報満載!

  • 親子面談詳しくはこちら
  • 鈴木昭平の講演会スケジュールはこちら
  • 改善体験談|奇声、多動、パニックがおさまり普通学級に進学できるまでに!
  • 無料会員登録|知的発達障がい改善の最新情報が会報誌、メールマガジンで届く!