029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00
029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00

edit8歳,発達の遅れ 改善体験談

「どうして?」「それってどういう意味?」など、
高度な質問をするようになりました!

8歳,発達の遅れ

大田哲史くん(仮名)

子どもは8歳の男の子です。
1回目のセミナーは2011年6月に受けました。
取り組みを始めて2か月ほどですが、すごく成果が出ていると思います。
発達検査表を見たら、出来るようになった○が10個以上増えました。
それまで1回しか出来なかった縄跳びを4回飛べるようになり、スキップもそれほど教えていないのですが、出来るようになりました。
アンパンマンなど、簡単な図形も普通に書けるようになりました。
うちの子は、1年生になった6歳からようやくしゃべるようになったのですが、最近では、すごくしゃべるようになりました。
野菜や果物などの名前も、バラバラに頭に入っていたのが、ちゃんと正しくグループ分けして書けるようになりました。
反対言葉も全く分からない子だったのが、30個中、27個、反対語を覚えるようになるなど、だいぶ変わったな、と思います。
フラッシュカードも、6冊ほとんどを覚えて、順番も覚えてしまいました。
2歳の妹も一緒にカードをやっているのですが、下の子も覚えてしまいました。
取り組みを始めて2か月経っていませんが、文字もパッと覚えています。
そのせいか、絵本を読んで聞かせてくれたり、文章を読んだり、本にも興味を持つようになりました。
最近では、「どうして?」「それってどういう意味?」など、私も困ってしまうような高度な質問をします。
指先もとても器用になって、成長が見られるので私も嬉しいです。

メールマガジン『知的障がい児は天才性を秘めている!』75号から抜粋

井上祐光魂のメールマガジン。「発達障がい児は天才性を秘めている」発達障がい改善の最新の研究や講演会,体験談などの情報満載!

  • 親子面談詳しくはこちら
  • 鈴木昭平の講演会スケジュールはこちら
  • 改善体験談|奇声、多動、パニックがおさまり普通学級に進学できるまでに!
  • 無料会員登録|知的発達障がい改善の最新情報が会報誌、メールマガジンで届く!