029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00
029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00

edit1歳,発達の遅れ 改善体験談

体が丈夫になってきました!
言葉が伝わっているのを感じます

1歳,発達の遅れ

田辺理恵さん(仮名)

うちは子どもが3人いて、3人目の子どもが男の子で1歳10か月になります。
その子は生まれつきの心臓病で、今までに大きな手術を3回やってきました。
その手術の際の検査で、発達に少し遅れがあるかもしれない、と言われました。
1歳2か月くらいまで、生まれてからずっと入院で、退院してきた頃は、本当に体もぐにゃぐにゃで、勿論、立てないし歩けないし、 お座りは出来てもちょっと立つと「ふにゃっ」と倒れてしまう状態でした。
頭の方は、やっぱり少し同年齢の子に比べて「遅れているかな」と感じられる部分があって、反応が少し遅いように感じました。
1歳半になる頃に鈴木先生の本に出合って、面接に行くことを決めて、始めてみました。
1回目のセミナーを11月中旬に受けて、現在に至ります。
変わったことは、1歳8か月頃に歩けるようになりました。
あと、体が弱くて月に1~2回、熱を出して病院に行っていたのがなくなり、すごく体が強くなったように感じます。
あとは、表情が、それまで無表情な感じだったのが、それが少なくなって笑顔になって、笑い声も出すようになりました。
あとは、1日中機嫌が良いです。
言葉の方はまだ、1歳10か月ですが、「ママ」「あ~」「あ~ん」「うん」「はい」の程度しか出ていませんが、最初に比べるとすごく成長したなと感じているので、これからも続けていきたいと思います。

メールマガジン『知的障がい児は天才性を秘めている!』43号から抜粋

井上祐光魂のメールマガジン。「発達障がい児は天才性を秘めている」発達障がい改善の最新の研究や講演会,体験談などの情報満載!

  • 親子面談詳しくはこちら
  • 鈴木昭平の講演会スケジュールはこちら
  • 改善体験談|奇声、多動、パニックがおさまり普通学級に進学できるまでに!
  • 無料会員登録|知的発達障がい改善の最新情報が会報誌、メールマガジンで届く!