029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00
029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00

edit3歳,発達の遅れ,多動 改善体験談

「カーカ!」と呼んでくれた日!
嬉しくて嬉しくて、思わず抱きしめて泣きました

3歳,発達の遅れ,多動

渡辺恵さん(仮名)

うちの子どもは3歳4か月です。
1歳半検診の時に、指差しを全くしないことと、言葉が3つくらいしか話せないということで、他の子よりも遅れているなと思いました。
動きが激しくて全く落ち着きがなく、多動だと気がつきました。
1番ひどいのは偏食で、本当に食べられるものが限られていて、ひどい時は、ご飯しか食べなかったり、ご飯も食べずにお菓子を
食べる時もあって、栄養状態が心配でした。
セミナーを受けてみて1番良かったことは、私自身の気持ちが変わったことです。
子どもに出来ることが明確になったことで精神的に落ち着き、子どもの小さな変化を見れるように前向きに変化したことが1番大きかったと思います。
いつも「動きが激しくて落ち着かない子だ」と思っていたのですが、「家に帰ったら教えることがたくさんある」と、そんな気持ちで子どもと向き合うようになりました。
それからは、「この子は学習することが好きだったんだ」「やる気がある子だったんだ」と気が付きました。
お風呂の時間を大事にしていて、お風呂の中で、子どもの耳元に暗示の声かけをしています。
色んなことを言ってしまうのですが、「おかずが何でも食べられるね」「車が来るところは飛び出さない」「みんなで手をつないで歩けるね」「先生の話がよく聞けるね」ということを繰り返し言っています。
その言葉を覚えてしまって、自分で繰り返し言うようになりました。
特に変化したことは、ご飯を食べられるようになりました。
最近は白いご飯がすごく好きになって、もりもり食べています。
自分からも「食べたい」と言うようになって、食べる意欲が出てきました。
1番嬉しかったことは、今までお母さんやママと呼んでくれることはなかったのですが、「カーカ」と呼んでもらいたかったので、「カーカって呼んでね」と何度も何度も繰り返し言っていたら、その3日後くらいに、私の目を見て、「カーカ!カーカ!」と言ってくれたんです。
それがとても嬉しくて、嬉しくて。
抱きしめて、泣けてきてしまいました。
それから、しょっちゅう目を見て言ってくれて、私が返事をすると、その返事に嬉しそうにしていて、それが可愛く思えます。
最近、覚えることが得意になって、本やその辺にある回覧板などを「読んで!読んで!」と言いながら持ってくるので、読んであげると、その内容を覚えてしまいます。
すごく長い文章でも覚えられるようになり、それを口に出せるようになっているので、この状態のときに色んなことをたくさん教えてあげたいなと思っています。

メールマガジン『知的障がい児は天才性を秘めている!』49号から抜粋

井上祐光魂のメールマガジン。「発達障がい児は天才性を秘めている」発達障がい改善の最新の研究や講演会,体験談などの情報満載!

  • 親子面談詳しくはこちら
  • 鈴木昭平の講演会スケジュールはこちら
  • 改善体験談|奇声、多動、パニックがおさまり普通学級に進学できるまでに!
  • 無料会員登録|知的発達障がい改善の最新情報が会報誌、メールマガジンで届く!