029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00
029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00

edit就学時健康診断と発達障がい

お子様の就学時健康診断(就学時健診/就健)でお困りの親御様へ

お子様の就学時健康診断(就学時健診/就健)でお困りの親御様へ

就学時健診とは

就学時健診(就学時健康診断)は、小学校入学をひかえた児童を対象として各市区町村により実施される健康診断です。学校保健安全法(法令番号:昭和33年4月10日法律第56号)により定められています。
主な診断内容は、栄養状態、胸郭の異常、視力、目の疾病、聴力、耳鼻咽頭疾患、皮膚疾患、歯、呼吸器、循環器、消化器・神経系、心臓疾患、腎臓疾患、結核疾患、ヘルニア、骨関節等の身体の健康診断です。そのほかに、言語障がい、精神神経症、知的障がいなどの知能検査の診断を実施します。
就学時健診は就学予定の前年度、10月から11月にかけて行われます。
正式名称は就学時健康診断ですが、就学時健診または就健、地域により就学前健診等と略される場合があります。

就学時健診の診断で、支援級(特別支援学級、特殊学級、特学)を薦められてもっともショックを受けられるのはお子さんのご両親です。就学時健診で「支援級を…」と薦められたとき「どうしたいか」を考えるより「あきらめる」選択をしてしまう方が多いのはとても残念なことです。

就学時健診で、なぜ支援級を薦められたのでしょうか?

支援級を薦められる理由はさまざまです。みんなと一緒に行動ができないこと、教師の指示が通らないこと、言葉が遅い、騒いでしまうこと、授業中じっとしていられないことなどがあげられます。
程度にもよりますが集団でのコミュニケーションが求められる環境におい「小学校の授業中に担任の先生以外から特別に支援が必要である」と指摘された場合には支援級を薦められることがあります。

就学時健診で「支援学校」と言われ、短期間で「普通級」に就学した例

4歳、就学前健診で教育委員会と主治医の先生から「支援学級も難しいので、支援学校になるでしょう。療育手帳も覚悟してください。」と言われたSさんの息子さん。生活と学習の問題点は、トイレ、偏食、指示が通らない、簡単な数がわからないなどがありました。 EESメソッドの改善の取り組みの結果、短期間で「普通級でも十分にやっていけます」と主治医の先生に言われました。 「治療はむずかしい」「改善しない」といわれる自閉症やADHDなどの(知的発達障がい)のお子様でも、エジソン・アインシュタインスクール協会の提言することをきちんとすることで普通級に就学した例もございます。

就学時健診で問題が見つかってから普通級に進学できるよになるまで。
クリックで画像拡大

改善のスピードは個人差があります。普通級へ就学をされた方の改善体験談はこちら

お子様の問題行動は改善できます!

問題行動の共通点とその背景

支援級を薦められるお子様の「問題行動」の共通点は、授業中に騒いだり、他の子どもに乱暴な行為をしたり、授業中に立ち歩いたり、授業中の質問に答えられなかったり・・・など、あたかも素行がわるいだけであるかのように受け取られるケースも含まれています。
問題視されるお子様の行動は、受け手により真逆の様相に解釈をされるケースを多く含んでいます。真の問題点は非常にデリケートです。悪意をもった喜びに起因する行動なのか、問題そのものを理解していない無邪気な行動なのか、両方の行動の割合がどの程度混じっているのか等、かんたんに計ることができないためです。
支援級を薦められるお子様の共通点は、おもに知的発達面が指摘されます。個性もさまざまなお子様を、共通の基準で就学させることを目的とている「学校教育」では、担任の先生がカバーできる範囲にとどめられてしまうことはやむを得ないことなのです。

お子様の就学にあたり、「就学が困難」と見られる問題はおおきく3点あります。
1.先生から名前を呼ばれて「ハイ」と答えられない。
2.いすに45分座っていられない。
3.授業の最中、先生と黒板を見ていられない。
実は、この3つの問題を解決する方法があります。3つの問題を解決することで支援級から普通級への道が開ける可能性があるのです。

まずはご相談下さい

近年の研究で、発達障がいは「脳神経の代謝の障がい」であることがわかってきています。

エジソン・アインシュタインスクール協会は7年間で2,000人以上の改善指導実績があります。代表の鈴木昭平は25年間にわたり自閉症、多動、奇声などの発達障がいの改善活動を行ってきました。

就学時健診でお悩みの方におすすめしたいのが個人面談です。

親子面談では、お子様の気になる点やお悩みについて、エジソン・アインシュタインスクール協会代表理事の鈴木昭平先生または、エジソン・アインシュタインメソッド研究所所長の浅井夕佳里先生と直接、お話しいただけます。

当協会オリジナルの発達検査表に基づいてお子様の発達状況を把握し、具体的にどのようなことに取り組めば最速で改善が見込めるか、的確にアドバイスさせていただきます。

お子様の現状を正しく理解していただき、ご家庭での改善方法について提案させていただきます。知的発達障がいを抱えておられるご両親にぜひお勧めします。

メールでのお問合せはこちら

  • 親子面談詳しくはこちら
  • 鈴木昭平の講演会スケジュールはこちら
  • 改善体験談|奇声、多動、パニックがおさまり普通学級に進学できるまでに!
  • 無料会員登録|知的発達障がい改善の最新情報が会報誌、メールマガジンで届く!
  • 書籍プレゼント|毎月5名様限定!EEメソッドの秘訣をこの一冊に