じっとしていられない子どもへの対応

2021/10/05(火)

※テキスト内のスケジュールやリンクは配信当時のものをそのまま掲載しておりますのでご注意ください。

こんにちは!

各地で出されていた
緊急事態宣言が明けましたね。


少しでも心穏やかに
過ごせるようにと祈る気持ちの、
メルマガ担当フジタです。



先週から
週一回になった
エジソンのメルマガ。



前回は、
「お風呂タイムの過ごし方」について
お伝えしました。




今日のテーマは
『じっとしていられない子ども』。


これから外出する機会が
徐々に増えることと思います。





病院や公共施設で
じっとしていられない子どもに
どうやって注意をしますか?



よくある子育ての悩みですが
ご両親にとっては
切実な問題です。



静かにする場所で
大声を出したり
走り回ったりする子どもに
強く怒ってしまうことはありませんか?




敏感な子どもにとっては
お母さんの“ちょっとした怒り”が
過剰ストレスになります。



過剰ストレスによって
脳に炎症が生じ、うっ血が起こり、
興奮状態になり
余計に言うことを聞かなくなって
しまうことがあります。



こんな時は
大きな声で怒ったり
きつく注意するのではなく


例えば、

「あそこにいるおばあちゃんは
足が痛そうだね。
お席が見つかるといいね」


「あそこにいるお母さんは
荷物が重くて大変そうだね」


「病院は体調がつらそうな人が多いから
静かな方が辛くないよね。」





そんな風に優しく語りかけ、
その場面でどうすれば嬉しいのかを
教えてあげましょう。




より効果を上げるには、
病院や施設に着く前に
<どんなことがあるか>をイメージできるよう
具体的に話をしておくことで予防できます。



実際に静かに過ごせた時には、


「静かにできて偉かったね!」


「〇〇ちゃんが
静かにしてくれたおかげで
みんな辛くならなかったね」


と、たくさん褒めてあげましょう。



お母さんの笑顔と
褒め言葉が
子どもにとって“最高のご褒美”です!



お母さんの具体的で
温かい言葉が
子どもにとって“最高の教材”です!




もっと読みたい!
そう思ったらこの本をチェックしてください。




『どんな子も 脳の「発達特性」に合わせるだけでグーンと伸びる』
コスモトゥーワン (2020/5/14)  P84
https://mail.omc9.com/l/03b2yG/IbAqQWT4/



鈴木代表の
「親子面談」も好評です。



それでは、来週火曜日の
メルマガでお会いしましょう!



*********************
発行者
エジソン・アインシュタインスクール協会
受付・相談センター

電話 029-255-1919
※受付時間10:00~18:00(日曜日、祝日を除く)
Fax  029-255-3200
メール info@gado.or.jp


*HP  https://gado.or.jp
*Instagram(火、金曜日更新)
https://www.instagram.com/edison_einstein_school/
*Facebook
https://www.facebook.com/edison.einstein.school.association/

**********************

親子面談

メールマガジン登録

改善体験談

発達障害について

食べ物と発達障害

書籍プレゼント

お問い合いせ