029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00
029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00

edit親子面談のご案内|発達障がい改善

お子さまの改善は、親子面談からはじまります。

エジソン・アインシュタインスクール協会の親子面談とは?

エジソン・アインシュタインスクール協会では、これまでに多くの発達障がいのお子さんたちの改善指導を行ってきました。
お子様の気になる状態で悩んでいる、何をしたらいいのかわからないまま時間が経ってしまっている…そんな方に、是非、一度、受講していただきたいのが親子面談です。

親子面談では、お子様の気になる点やお悩みについて、エジソン・アインシュタインスクール協会代表理事の鈴木昭平先生と直接、お話しいただけます。

当協会オリジナルの発達検査表に基づいてお子様の発達状況を把握し、具体的にどのようなことに取り組めば最速で改善が見込めるか、的確にアドバイスさせていただきます。

お子様の現状を正しく理解していただき、ご家庭での改善方法について提案させていただきます。発達障がいを抱えておられるご両親にぜひお勧めします。

親子面談はカウンセリングではありません。お子様の状態を診断するものでもありません。お子様とお会いしたうえで親御様に対し、お子様の可能性をどう伸ばすかの方法をお示しするものです。

鈴木昭平先生による面談および、発達検査に基づいた1週間のカウンセリングを含む料金は 21,600円(税込)です。(カウンセリングは、協会に直接おいでいただくのではありません。カウンセラーと直接お電話にてご相談いただけます。)

お子さまの改善は、親子面談からはじまります

先ず、親子面談のお申し込みをいただいた方に、当協会が独自に開発した「発達検査表」をお送りします。①社会面②言語面③知覚面④身体面の4分野をチェックして下さい。そして、そのチェックしたデータを当協会にご返送して下さい。

お送りいただいたデータに基づいて「発達検査表」の結果を、当協会でグラフ化します。親子面談の当日に、データやグラフを使って、お子様の苦手な部分を伸ばす方法をお伝えします。

また親子面談の場で、お子様の①集中力②記憶力③判断力を確認し、それらを高める方法をお伝えします。家庭での取り組みを強化するためのコースのご案内もさせていただきます。

お子様に奇跡を起こすのは家庭です。とりあえず1週間、「発達検査表」や「家庭プログラム」を活用して、お子様の改善指導を実践してください。

ご家庭でお子様を指導する時には、悩む時間をできるだけ減らしましょう。困ったときは直ぐ電話です。エジソン・アインシュタインスクール協会が公認したカウンセラーと電話でご相談できます。(親子面談の電話カウンセリング期間は1週間です)

※親子面談を受ける前に、鈴木昭平著の「子どもの脳にいいことや」シリーズを1冊以上読んでいただくことをおすすめします。改善指導の理解が深まり、改善速度が早まります。

親子面談詳細

時 間:約50分間
料 金:21,600円(税込み)
会 場:東京・田端、兵庫・芦屋、福岡・博多など全国各地

■お子様の発達検査表に基づく1週間分の個別指導付
■1週間分の栄養補助食品(11,000円相当)プレゼント
■会員様の改善体験談を集めた漫画冊子のプレゼント

親子面談お申し込み方法

親子面談の開催日程、時間、会場をご確認の上、予約専用フリーダイヤル 0120-376-999(通話料無料・携帯電話対応)へお申し込みください。お電話がつながりにくい場合は受付・相談センター TEL 029-255-1919(通話料有料)までお願い致します。

ご予約は先着順で承っているため、ご希望の枠をお取りできない場合がございます。あらかじめご了承ください。

※親子面談はカウンセリングではございません。お子様の状態を診断するものでもございません。お子様とお会いしたうえで親御様に対し、お子様の可能性をどう伸ばすかの方法をお示しするものです。

親子面談を受けた方からの声

  • 高速学習カードを鈴木先生がめくるスピードに驚きました!本を読んで自分なりに取り組んでいたのですが、それでは全くスピードが遅かったのが分かりました。
  • 「子どもの未来は親の努力にかかっている」という事実を改めて強く認識できました。
  • 血液・血流の改善の重要性がよく分かりました。
  • 高速学習カードを子どもが見て、その後鈴木先生が三枚同時に子どもに見せたら、子どもがちゃんとカードの違いを見分けることができた。「この子は分かっているんだ」ということが分かりました!
  • 本を読んだだけでは分からないパワーアップ体操のこつなどが、よく分かりました。
  • 子どもの目の焦点が合わないことを心配していたのですが、親子面談中に子どもが鈴木先生の顔をじーっと見ていたんです。驚きました!
  • 子どもにいくら「あいさつしなさい」と言っても、一度も挨拶をちゃんとしてくれなかったんですが親子面談の帰りに鈴木先生に対して初めてちゃんと「さようなら」って挨拶してくれたんです。本当に驚きました。

やるしかない!今すぐやらないと!
まず一歩、踏み出すきっかけに

母 川村夕季さん(本名) 太一くん(本名、6歳)

3歳児検診で、言葉の遅れなどを指摘され、療育で検査を受けるように勧められたところ、「自閉症の疑い」と言われとてもショックを受けました。母が、北海道新聞に掲載された鈴木先生の「子どもの脳にいいこと」の広告を見て「買って読んでみたら」と勧めてくれたのがきっかけで、本を買って読みました。スラスラ読めて内容がわかりやすかったのが印象的でした。主人にも読んでもらい、本の内容に納得してくれたので、2011年5月の連休あけに鈴木先生の親子面談を受講しました。
面談では鈴木先生の迫力に圧倒されましたが、先生がお話くださった内容はすんなり頭に入ってきて、わかりやすかったです。フラッシュカードに息子・太一が集中して、正解のカードを取ることができた時には本当にビックリしました。太一の可能性を感じた瞬間でした。本に書かれていることを実際に体験でき、「やるしかない!今すぐやらないと!」と切実に感じました。北海道からはるばる東京まで駆けつけて「行ってよかった」と心から思っています。今、お子さんの気になる症状で悩みながら、まだ面談を受講されていない親御さんには、まず一歩、踏み出してもらうきっかけになれば、と思います。

メールでのお問合せはこちら

  • 親子面談詳しくはこちら
  • 鈴木昭平の講演会スケジュールはこちら
  • 改善体験談|奇声、多動、パニックがおさまり普通学級に進学できるまでに!
  • 無料会員登録|知的発達障がい改善の最新情報が会報誌、メールマガジンで届く!
  • 書籍プレゼント|毎月5名様限定!EEメソッドの秘訣をこの一冊に