発達障害改善のための3つの柱

エジソン・アインシュタインスクールメソッドには、改善のための3 つの柱があります。
今まで一般的な改善の考え方は、子どもが日常生活を送るために最低限のことができるようにするというレベルでした。
しかし、エジソン・アインシュタインスクール協会は、お子さまの発達障害をマイナスな観点でとらえた「障害」とは考えていません。発達障害は、発達特性の兆しと考えています。
少し突飛な表現に聞こえるかもしれませんが、お子さまへのアプローチによって、「障害」のまま残ってしまうか、「特性」となってお子さまの未来が輝かしいものになるかに分かれるからです。
この3つの柱を理解し実践することが、お子さまに秘められた能力を最大限に引き出す礎となるのです。
エジソン・アインシュタインスクール協会の改善指導法は
『ご両親の意識改革と改善指導法開発』 『お子様の脳の体質改善(食生活の改善、体質と血流の改善)』 『超高速楽習法(その子にあった学習方法と適切な運動)』 のマスターです。
このうちもっとも大切になるのが「ご両親の意識改革」です。
実は発達障害改善は家庭でてきるのです。

誰もが知っている発明王のエジソンはアスペルガー障害、相対性理論で世界的に有名なアインシュタインは、学習障害だったのではないかと言われています。
偉大なる両者の共通点は、学校での学習は芳しくなかったという点です。
更なる共通点は、彼らの母親がわが子の能力を見抜き「家庭」で興味のあるものから学ばせたことでした。

子どもの可能性は無限大 子どもの改善は親次第。
諦めずに、お子様の改善に取り組んでいただきたいと切に願っています。

発達障害改善のための3つの柱

発達障害改善のための3つの柱

ご両親の意識改革と指導能力開発

「発達障害は治らない」の言葉に翻弄されることはありません。
ご両親の意識と能力が高まることで、お子さまは驚くほど変化していきます。

お子さまの脳の体質改善

発達障害は大脳のトラブルです。そのトラブルを改善するためには、体質を変えることが大切です。最新の科学によって発達障害は改善することが分かってきました。お子さまの体質を改善することが、発達障害の改善に大変有効なのです。

超高速楽習法

超高速で学ぶことにより、集中力と記憶力を高めることができ、時間の取戻しをすることもできます。
超高速楽習によって右脳にアプローチすることで、左脳の働きも改善されていきます。

改善のためのファーストステップ!

親子面談

お子さんが他の子と違うかも…と悩んでいるより、まずは改善のための第一歩を踏み出しましょう!

親子面談の詳細はこちら

超高速楽習を指導する鈴木昭平

無料会員登録

改善体験談

発達障害について

食べ物と発達障害

書籍プレゼント

お問い合いせ