6000家族以上の
改善指導実績!

発達障害の子育てで悩むお母さん
その悩みは私たちと一緒に
家庭で解決しましょう

お子さまの成長にお悩みはありませんか?

そんなお悩みはエジソン・アインシュタインスクール協会と一緒に解決!

発達障害は家庭で改善できる!
その方法をお伝えします

発達検査表の記入例

改善のポイント1

子どもの伸びる可能性がわかる
オリジナルの発達検査表

エジソン・アインシュタインスクール協会が独自に開発した、576項目の発達検査表で今のお子さまの成長の度合と、これからの成長の伸びしろが分かります。お子さまの未来が見えてきます。

発達検査表の記入例

改善のポイント2

家族は改善のための「最高の教師」
家庭だから無理なく改善が可能!

一番身近な家族が導くことで、お子さまにあった改善が可能に!三つの柱の実践とスモールステップの積み重ねで確実に改善へ導きます。

発達検査表の記入例

改善のポイント3

集中力と記憶力を高める
オリジナルの教材

お子さまの脳にダイレクトに届く「超高速楽習」
超高速スピードの学習法で集中力と記憶力をしっかり育てます。

発達検査表の記入例

改善のポイント4

カウンセラーがご家族をサポート
電話カウンセリング

専任のカウンセラーがお母さんの困りごとや疑問を全力でサポート!
いつでも頼れるカウンセラーがいるから、改善に前向きに取り組めます。

すぐに実践できるポイントが分かる!

お子さんが他の子と違うかも…
そう悩んでいるよりまずは
改善のための第一歩を踏み出しましょう!

親子面談の詳細はこちら

まずは一度、話を聞いてみたいという方には講演会も開催しております。

講演会の詳細はこちら
背景イメージ

代表紹介 鈴木昭平

近年、子ども達の多くが発達障害と診断されるケースが激増しています。1歳6か月児健診、3歳児健診などで、少しでも変だなと感じたら、すぐに子どもへの対応を変える必要があります。早期発見と早期指導が鉄則です。「様子を見ましょう」という診断を信じて5歳児健診まで待ってはいけません。様子見は絶対にしてはいけません。なぜなら、早ければ早いほど改善が加速されるからです。脳は5歳までに急成長します。成長のスピードが鈍化すると改善スピードも鈍化してしまいます。
エジソン・アインシュタインスクールのメソッドで、真剣に取り組むとビックリするほど改善します。支援学校を覚悟した子どもが普通級に入れた!などという驚きの改善例がたくさんあります。ぜひ諦めずに、親子面談でお子さまの可能性をみつけてください。

こんなに変わった!
ご両親のお喜びの声

「うちの子、なにか違うかも」と気づいたらすぐに行動してください。
そして子どもの可能性をできる限り伸ばしてあげてください。
目指すのは『早期発見、早期改善』

お喜びの声をもっと読む

医師も応援!
エジソン・アインシュタインメソッド

発達障害改善のための3つの柱

エジソン・アインシュタインスクール協会の改善指導法は 『ご両親の意識改革と改善指導法開発』 『お子様の脳の体質改善(食生活の改善、体質と血流の改善)』 『超高速楽習法(その子にあった学習方法と適切な運動)』 のマスターです。
このうちもっとも大切になるのが「ご両親の意識改革」です。実は発達障害改善は家庭でてきるのです。

発達障害改善のための3つの柱
3つの柱を詳しく知る
背景イメージ

一般社団法人
エジソン・アインシュタインスクール協会について

エジソン・アインシュタインスクール協会は発達障害は家庭で改善できるをモットーに、発達障害の「改善」に対し積極的に取り組んでいます。
私たちの考える改善とは【 基礎能力をつけること】【 我慢ができること】【 自信が持てること】この3つが子どもの中に育った時に、子どもたちは大きく成長し、自立ができるようになります。
これは、発達障害児に限ったことではありません。全てのこどもたちに共通して言えることでしょう。
私たちは、発達障害を「障害」と捉えていません。子どもたち一人ひとりの発達特性と考えています。
一人でも多くの子どもの特性を輝かせたい!これが私たちの考え方です。