029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00
029-255-1919月~土(祝日除く)10:00~18:00

edit食べ物と発達障がいの関係性について

ミネラル(体質改善シリーズ)

ミネラルの必要性

人間の身体は、60種類以上の元素で成り立っていて、そのうち酸素、炭素、水素、窒素の4つを「主要元素」と言い、全体の96%を占めています。そして、残りの4%を占めているのがカルシウム、リン、ナトリウム、鉄、亜鉛、銅などのミネラルなのですが、このわずかな4%のミネラルがバランスよく存在していないと、健康を維持することができないのです。また、私たちの身体に必要な栄養素は、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの5つで、ミネラルは健康維持に欠かせない五大栄養素の一つなのです。

例えば、カルシウムやマグネシウム、リンは骨や歯を構成する主成分なので、これらが不足すると骨が弱くなります。鉄は血液中の酸素を運びます。カルシウムやナトリウム、カリウム、マグネシウムが不足すると痙攣や神経障害を起こすようになります。

しかし、戦後、大量生産重視の農法に切り替わって以来、野菜や果物などの食品に含まれるミネラルの種類も量も激減しています。野菜では、人参に含まれる鉄分は10分の1に。昔と同じミネラルを補おうとすると、10倍以上の人参を食べてようやく昔と同じミネラルを摂取することができる、ということなのです。

また、農薬や化学肥料の普及によって、ミネラルの量だけではなくミネラルの種類も激減しています。私たちは、生体内でミネラルを作り出すことができません。そのため、私たちはずっとミネラル失調状態が続いていると言えるのです。

また、水煮食品やサラダ油に代表される精製食品や加工食品、リン酸塩などの食品添加物などの化学物質の増加がミネラル不足に拍車をかけています。簡単で便利な惣菜や無菌パックに入っている惣菜は加工の手間を省くために水煮食品を使っている事が多いうえに、精製された砂糖や塩などを使って味付けされています。子どもたちの大好きなハム・ソーセージ類の加工食品は、肉の柔らかさを保つためにリン酸塩が使われています。リン酸塩は、かまぼこやちくわなどの魚肉の練り製品にも多く使われている事を知っていますか?

チーズに含まれている乳化剤はリン酸塩そのものです。リン酸塩は、私たちの身体にあるミネラルと結合して、ミネラルを体外に出してしまうのです。もともと摂取量が少ないミネラルが、リン酸塩によって更に少なくなってしまうのです。

このように私たちの食生活は、ミネラル失調状態ですから、なるべく加工食品を減らして、ミネラル不足を起こさないような食生活にする必要があるのです。

身体に必要なミネラルですが、カルシウムだけ、マグネシウムだけ、鉄だけといったような単一に偏って摂取すると逆に弊害を起こします。例えば、カルシウムを過剰摂取すると、鉄やマグネシウム、亜鉛の吸収が阻害されます。ナトリウムの過剰摂取は、高血圧や動脈硬化の原因になりますし、カリウムの吸収が阻害されるということが起こります。ミネラルは、多種類の調和のとれたミネラルの相関関係によって初めて効果を発揮するのです。ミネラル分のたった一つが欠けても、そこから水がこぼれ出すように、いつまでたっても桶は満タン(健康)にならないのです。

ミネラルは、野菜、米、豆、海藻、肉・魚介、ナッツ等、色々なものに含まれていますから、色々な食材を食べましょう。そして、偏った食生活でミネラル不足にならないよう工夫していきましょう。

イメージ画像

■ナトリウム
血液や体液などの細胞外液に多く存在するミネラルであり、体内の浸透圧、酸-塩基平衡の調節、恒常性の保持など、重要な役割を果たしています。
■カリウム
細胞内に分布しています。細胞外液に多く分布するナトリウムと協力して、細胞内外の電解質・浸透圧バランスを保ち、心臓の拍動や神経伝達をスムーズに調整しています。
■マグネシウム
様々な代謝反応に必要なミネラルです。体内のマグネシウムの約70%は骨に存在しています。マグネシウムが欠乏すると、疲労、貧血、筋力低下、しびれ、集中力低下、不整脈、刺激に対する過剰反応などがあります。
■カルシウム
ミネラルの中で最も多く体内に存在し、その99%が骨・歯に存在しています。残りの1%が血液凝固や心臓・血管・筋肉の収縮、神経活動、ホルモン分泌などに関与し、重要な役割を担っています。
■リン
カルシウムと共に骨・歯などの硬組織を形成しています。細胞内では各種リン酸化合物として生理・生化学的反応に関与し、細胞外ではリン酸イオンとして体液の酸-塩基調節に関わっています。
■セレン(セレニウム)
ギリシャ語の月(Selene)に因んで名付けられました。かつては毒性の強い元素として知られていましたが、抗酸化機能を有するミネラルとして注目されています。
■ヨウ素
甲状腺に多く存在し、甲状腺ホルモンの構成成分として重要な役割を担っています。甲状腺ホルモンは基礎代謝に関わり、胎児・乳幼児の発達に欠かせないホルモンです。
■クロム
土壌、淡水、海水など自然界に存在しています。インスリンの働きを助ける「耐糖因子」の構成成分であり、糖・脂質代謝に欠かせないミネラルです。
■モリブデン
代謝に関わるミネラルと考えられていて、肝臓、腎臓に存在する微量ミネラルです。たんぱく質代謝および、細胞分裂に関与しています。
■マンガン
土壌、淡水、海水などに広く分布しているミネラルで、活性酸素を消去するスーパーオキシド・ジスムターゼ(SOD)の構成成分として、酸化ストレスに対抗するために欠かせないミネラルです。
■鉄
生体内の鉄の約70%は、赤血球の血色素(ヘモグロビン)の形で存在し、酸素の運搬や細胞呼吸、エネルギー代謝に重要な役割を担っています。
■銅
古代から様々な用具や武器として利用されてきたミネラルです。鉄と共に、細胞呼吸、エネルギー代謝に重要な役割を担っており、活性酸素の消去にも関与しています。
■亜鉛
体内の300種類を超える酵素の構成成分として、遺伝子発現、たんぱく質合成など様々な反応に関与し、生命活動に欠かせない重要なミネラルです。知的・発達障がいの方は特に不足しているミネラル、と言われています。また、亜鉛が不足すると味覚障がいを起こします。

(参考資料:らべるびぃ予防医学研究所)

会報誌『エジソン・アインシュタインスクール通信』27号に掲載

発達障がいは改善できる。エジソンアインシュタインスクール通信は会員の皆様に無料でお届けいたします。会員登録はこちら

お子様の気になる状態で悩んでいる。何をしたらいいのかわからない…そんな方に一度受講していただきたいのが

親子面談です

親子面談の詳細はこちら

無料会員登録

会員様からの喜びの改善体験談

書籍プレゼント

食べ物と発達障がい

食べ物と発達障がい

お問い合いせ